忍者ブログ
ゲームや漫画のレビューを掲載するぶろぐ。 ブログ右枠のカテゴリー「漫画リスト」から漫画のレビューを掲載しています。
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お久しぶりの日記です。
    ゲーム中ペコさんに「ワククンノブログリンク追加シトイタヨ~」と言われて
    ブログの存在を思い出しました。
    それでもカウンターを見ると、毎日一回はチェックしてくれてる人がいて胸(・∀・)キュンキュンです。



    去年の夏頃、日本でも発売された「Rainbow Six : Vegas」の続編が、
    つい最近発売されました。
    日本ではなく海外のみの先行ですが、
    約一ヵ月後の4月24日には日本語版も発売されます。
    海外版を購入して、一ヶ月早くベガスを堪能するか、
    一ヶ月我慢して日本語版を堪能するか。
    散々迷った挙句、自分はカオス館の長蛇の列に並んでいたのでした。

    帰宅すると、秋葉原への長旅の疲れも気にせず
    ラスベガスへの長期出張です。
    ベガスで何をするって?もちろん・・・・・・テロリストの征圧ですよ・・・!

    お前のケツは俺が掘る!


    前作では体験版が配信されてからやたら待たされたり
    色々な気になる情報、システムなどが紹介されていたので
    かなりの期待感がありましたが、
    今作は前作とさほど間が空かずに発売されているので
    前作ほどの期待感がありませんでした。
    今作は比較的簡単に手に入れられたので拍子抜けしてしまいます。

     


     

    この作品の詳しい紹介や、前作との変更点はこちらで見れます。

    一応一通りキャンペーンをやってみましたが
    新しいロケーションや、新しい武器の登場によって、目新しい機能はなくとも
    プレイしていると不思議と新鮮感が味わえます。
    これまで同様、相手をどう征圧していくかはプレイヤー次第なので
    リプレイ性も強く、選択肢も多く存在しています。

    また、前作よりも若干初心者向けの設計で、難易度も優しくなり
    これまで難しそうだと手を出していなかった方にもオススメできます。
    ただ、前作からプレイしていたほうがより楽しめることは間違いありません。

    ストーリー展開、戦闘のシュチュエーションなどは前作と似通っている点が多く
    前作のあの洞窟での爆発で単独行動を取るシュチュエーションのように
    1人で行動を取る場面もあります(正直いらない面です)。

    味方AIとの強力はより熱くなりました。
    AIは新しい機能でもある「リープフロッピング」という行動を取ります。
    これは、交互にカバーを取りながら前進していく行動で
    より生存率が上がり、味方が何回も死んでしまうという状況が少なくなりました。
     敵AIに関しては、テロリストリーダーなるものが新しく存在し、
    テロ側も戦略的攻撃をしかけてくるということでしたが
    あまりよく違いがわかりませんでした。気付かなかっただけかもしれません。

    テロリストハントは、1人でも一層楽しめるように改善されています。
    シングルプレイでは、自分の他に心強いAIが2人味方についてくれるので
    キャンペーン同様に敵を征圧していくことが可能です。
    また、テロハンをクリアできなくても、倒した敵の分ポイントが入るので
    毎回のセッションが必ずしも無駄になるということはなくなりました。
    前作では完全な作業だったテロハンが、今作からちゃんと楽しめるようになったと思います。

    キャラクターカスタマイズはオンオフ共通になり
    リワード(階級制度)はキャンペーンでもポイントがつくので
    前作のようにエリートになるまで半年ほど費やすというハメにはなりません。
    その上、Head ShotやカバーからのBrind Fireなどの特殊な状況でのキルには
    追加点がつくので、ポイントも溜まりやすくなっています。

    新しく実装されたダッシュは、そこまで素早く移動できるわけではありませんが
    マルチでのリスポーンから戦線への復帰には役に立ちますし
    キャンペーンでの細かい行き来などでは多用します。



    ここまでどれも良い点などをあげてきましたが
    結局は追加要素などをいくつか含んだ続編未満、拡張以上の作品です。
    前作をプレイしていなかった方々から見ればVegas"2"ですが
    前作を飽きるほどプレイした方々から見ればVegas"1,5"です。
    これまでを上回るほどの期待を抱えると恐らくがっかりしますが
    前作を楽しめた貴方ならば、今作をチェックするのは必須であることは間違いありません。


    筆者は、難易度リアルで
    クリア時間おおよそ5時間から7時間ほどです。
    ボリュームは他のFPSゲーム並ということです。

     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    まったくの同感ー
    こにちはー。ほぼ年齢が倍のクラン員です。私もほぼ同じ感想になりましたね。ノーマルでやりましたが_| ̄|○ 
    一人でやるところが最後のところで無駄にきつくなんかレインボーらしくなかったと言うか・・・。今度COOPでもやりましょうねー。
    kyouさん / 2008/03/23(Sun) /
    コメありです
    >>kyouさん
    ですよね、最後辺りからMetal Gearみたいな展開になってきてビックリしました。
    自分はいつも実績を解除することを目的にスタートするので
    どのゲームでも大抵はハードから進めてます。
    市場で激ムズと呼ばれているような作品は流石にノーマルとかでやりますが・・・w

    はい!是非COOPやりましょう。
    この時期は日本人よりも台湾人とかばっかで困ってます。
    wakuboxさん / 2008/03/24(Mon) / URL
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    研究16 「実験は青春の味」 HOME 研究その13 「Medal of Honorクリア!」
    Copyright © 老兵は死なず ただ糞するのみ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]