忍者ブログ
ゲームや漫画のレビューを掲載するぶろぐ。 ブログ右枠のカテゴリー「漫画リスト」から漫画のレビューを掲載しています。
2019 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





    評価・・・★★★★☆

    『申請モテモテ王国 新装版』

    著者:ながいけん
    販売:小学館
    定価:560円本体533円)
    現在4巻まで刊行。

    ---
    概要

    謎の宇宙人ファーザーとその息子とされるオンナスキー
    「ナオン」(いわゆる女性)にモテるために四苦八苦するギャグ漫画。

    作品全編のセリフ回しやキャラクターの動きのそこかしこに
    様々なパロディやギャグが盛り込まれている。
    『ガンダム』等のアニメネタや歴史(三国志など)ネタに時事ネタ、
    漫画ネタを好んでギャグに使用する事や、
    過激な駄洒落、登場するキャラクターの独特かつ絶妙なセリフ回し、
    マンガのセオリー・基本的文法を逸脱した支離滅裂な文章・ポエムなどが好まれ、
    ファンからの支持は今も根強い。

    少年サンデーコミックスの折り返しでは高橋留美子、曽田正人が応援メッセージで絶賛した他、
    椎名高志やゆうきまさみも当時連載していた漫画の中で取り上げた。
    ファンであるとコミックス等で公言しているモリタイシや、
    自らの漫画にファーザーを登場させた畑健二郎など、フォロワーも多い。

    (Wikipediaより抜粋)
    ---

    ファーザーのおかしな言動と身勝手かつ無謀な策の数々は、
    毎回用意されるバッドエンディングの運命からは決して抗うことはない。
    希望の光でさえも全て死へと繋がる巧妙なフラグの一本で、
    毎回読者は絶望的なファーザーの立ち位置を嘆き悲しむことになる。
    身に危険が迫ると唯一の防衛システムである頭部の赤色灯が点滅するが、
    自分では見えないので意味が無い。
    ここまで救いようがないと笑うしかないものである。

    ナオンと彼らだけの
    蜜あふるる約束の地、
    モテモテ王国。
    これはそういう
    あれである。 
     
     

    PR



    評価:★★☆☆☆

    『完全復刻版 新寶島(しんたからじま)』

    原作・構成:酒井七馬 / 作画:手塚治虫
    発行:小学館クリエイティブ
    販売:小学館
    定価:2000円本体1905円)

    ---

    あらすじ

    亡くなった父親の書類箱から宝の地図を見つけたピート少年は、
    知り合いの船長とその島へ行こうとするが……。
    ロバート・ルイス・スチーブンソンの『宝島』をベースと、
    ターザン、ロビンソン・クルーソーを混ぜ合わせたような物語と表現されている。

    (Wikipediaより抜粋)
    ---

    作画:手塚治虫、原作・構成:酒井七馬による、
    現代漫画の礎を築いたとも言われる歴史的漫画。
    1947年に発表され、当時40万部もの大ヒットを記録した。
    また、この作品によって漫画家を志した作家も多いことで有名。
    (藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、横尾忠則、浦沢直樹)

    この漫画は、単純な漫画というよりも、
    歴史的書物としての価値が高く、
    一般の読者が漫画として楽しむだけの要素は全くない。
    漫画の歴史を知ることが好きな人や、手塚治虫のファンなら読んでみるのもいいかも。

    今回星を少なく評価したのは、
    現代におけるこの漫画そのものの面白さの価値はあまり無いためです。
    純粋な漫画のレビューとしては、他の一般的な読者にはオススメしません。

    詳しい説明に関してはこちらのwikipediaでどうぞ。

    inside xboxがまた変わってたんですがぁー・・・。

    ローリング内沢って・・・ファミ通記者かよ・・・。

    どうせならポルノ鈴木にしようよ・・・。

    内沢と17の無名工房アイドルって、明らかやる気ないだろ。

    っていうか明らか予算の大幅削減だろ!!

    内沢持ってくるならボウズの○○タイム持ってきちゃえよ!!

    それなら面白いのに・・・。



    ---

    職業病って巷では言うかもしれないけど、

    日々ブックオフで本を売りにくる人たちを目にしてきて、

    もう中古本は買えなくなってしまった。



    若くて可愛い女性が売りに来た本だったら、

    新品には無い値段以上の特典がついているわけだから

    (ニオイとか指紋とか手汗とか手垢とか・・・etc)

    それはそれでいいんだけど、

    現実はそういうのばかりじゃないんだよね。

    資源ゴミとして捨ててある本を拾って売りに来る「拾い屋」なんて人達もいる。

    こいつら、容姿からして明らかにホームレスの集団なんだけど、

    とにかくくっさい。手が真っ黒。

    それでも立場上買取拒否とかできなくて、

    他のお客様同様値段をお付けして買い取るわけ。

    そして若くて可愛い女性の本に混じって販売される。



    だからもう中古の本屋さんで本を買うときは、

    その本の出所がどこか気になって、とてもでも買えない訳です。

    例え少女漫画でも、女性から買い取られたとは限らない訳です。



    スーパーの野菜コーナーって、お客に安心感を与えるためにも、

    異常なほどに製造元ををハッキリしてるよね。

    「○○県△△市の農家の鈴木さんが作ってます!(顔写真付)」みたいに。



    こんなこと現実的に絶対無理だと思うけど、それを真似て・・・。

    買い取った本、一冊一冊に売りに来た人の写真を貼る!

    これ絶対いいよ。新品には無い新しい価値観の登場でしょ。



    可愛い女性の場合、

    「はぁはぁ・・・。1ページ1ページ丁寧にめくってくれたんだね・・・。はぁはぁ・・・」

    「君の指紋がベットリと表紙に付いてるよ?全くいやらしい子だなぁ・・・」

    「・・・あれ?この髪の毛・・・」

    なんていいながら糞つまんない本を買ってしまっても、得した気分に・・・。



    ・・・・・・・・・・・・・。



    本当にごめんなさい。

    久し振りの日記が本当に最低な日記になってしまった。

    面白いのを狙って書こうとすると、やっぱ失敗するんだよなー。

    ・・・じゃあ何も考えずに書いたらいいんだ!!

    あ、それでつまらなくて狙って書こうとして・・・・。

    失敗してつまらなくて・・・。

    考えずに書いて・・・。

    ・・・結局文才か。


    おし!!決めた!!
    おいらこれにする!!
    http://www.benq.co.jp/products/LCD/?product=1451

    BenQの24型液晶モニタG2411HD。
    価格.comだと2万3千円ぐらい。
    2chのスレとかまとめとか見て、それとなくオススメだったので決定。
    同じ価格帯で色んなのがあったけど、もうめんどいので確定。
    パネルはTNで斜めから見たりするとひどいことになるらしいけど、
    正直独りでゲームする俺からしてみればそんなの知ったこっちゃねぇってゆーー^^
    モニタにスピーカーないから、外付で何か探しとかないとだめだなぁ。
    そのうち5.1chのスピーカーとか用意して最強の設備でゲーム堪能しよう・・・よだれだらだらだよまったく!

    浅野いにおって人が描いてる漫画なんだけど、
    おやすみプンプンが面白すぎる。
    この人の漫画はこれしか読んだことないから、機会があれば他のも読んでみたい。

    もっと面白い漫画ないかなぁぁぁぁ。
    hamaaaakiy面白漫画リスト作ってよ!!
    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © 老兵は死なず ただ糞するのみ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]