忍者ブログ
ゲームや漫画のレビューを掲載するぶろぐ。 ブログ右枠のカテゴリー「漫画リスト」から漫画のレビューを掲載しています。
2018 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    つい先ほどまでXbox360海外タイトルの「The Darkness」をプレイしていました。
    こちらは5月15日に日本語版の発売予定が決定しています。
    The darknessは同名のアメリカンコミックが原作のFPSゲームです。

    かなり前にこのゲームを購入しましたが
    友達に貸していたので、あまりプレイしていませんでした。
    このゲームの特徴は、よくできた世界観とそのストーリー性です。

    主人公であるJackieは幼少時代を孤児院で育ち、
    Franchettiファミリーのボス「Paulie」と呼ばれる男に引き取られます。
    Jackieはそのファミリーの元で殺し屋として働きますが
    Paulieの仁義を重んじない方法に反発するようになります。
    そして、Jackieはある任務でPaulieに裏切られ、命を狙われることとなります。

    Paulieの追ってから逃げる途中、Jackieは謎の悪魔に取り付かれ、悪魔の力を手に入れます。
    そのため、ゲーム中プレイヤーは通常の武器による攻撃に加え、
    体に取り付かれた悪魔(ヘビのような生き物)を使って攻撃することが可能になります。
    また、そのほかにも4種類のクリーチャーを召喚して戦わせることも可能です。

    戦闘スタイルは基本的に残忍なものばかりで
    敵の近くで攻撃をすると、"処刑"と呼ばれる通常とは違う殺し方を行えます。
    これは、Gears of Warのトドメのアクションと同じようなものです。

    ゲーム自体は大変クールな仕上がりになっており、ストーリーも中々カッコいいです。
    まだ記述していませんでしたが
    主人公にはガールフレンドがいて、そのガールフレンドも物語に強く絡んできます。
    とても面白い内容で、海外の作品には珍しく色々なボーナス特典などもあります。
    特典には、原作のコミックが読めたり、開発段階のアートワークが見れたりします。

    日本語版が発売される前には詳しいレビューを書こうと思っているので
    是非参考にしてみてください。



    それではバイトに行ってきまーす。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    研究その20 「ネタなし」 HOME 研究その18 「春休みは悪夢の予感」
    Copyright © 老兵は死なず ただ糞するのみ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]